学会ロゴ 第67回日本電気泳動学会シンポジウム
〜バイオ医薬÷電気泳動:電気泳動で見るバイオ医薬品の特性〜
開催のご案内


【世話人(オーガナイザー)】 亀山 昭彦(産業技術総合研究所)

【日時】 2017年6月9日(金)13:00 〜17:50(予定)

【会場】産業技術総合研究所 臨海副都心センター(別館11階会議室)
  
【参加費】 無料(非会員は要旨集代として500円)

【事前参加登録】 (4月初旬より受付開始を予定)

 登録フォーム(準備中) 


【後援】 国立研究開発法人 産業技術総合研究所

【問い合わせ先】
  第67回日本電気泳動学会シンポジウム 世話人
   産業技術総合研究所  亀山 昭彦
   E-mail: 67th_sympo@jes1950.jp
  




【テーマ】 
 「バイオ医薬÷電気泳動:電気泳動でみるバイオ医薬品の特性」
 バイオ医薬品は、がんや自己免疫疾患などの難治疾患の治療薬として期待され、その市場規模は2020年には30兆円にまで拡大すると見込まれます。その一方で、単一の化合物からなる低分子医薬とは異なり不均一な分子の集合体であるバイオ医薬品は、製造や品質評価において従来とは異なる種々の課題に直面しています。本シンポジウムでは、電気泳動を用いたバイオ医薬の不均一性評価に携わる先生方にご講演いただくとともに、バイオ医薬の品質評価や製造に新しい電気泳動技術がどのように利用できるか等について広い視野で俯瞰し議論する場を提供いたします。

【プログラム】 
 バイオ医薬の研究開発における電気泳動技術の活用
   第一三共株式会社 製薬技術本部 分析評価研究所 久保田圭

 電気泳動法によるバイオ医薬の糖鎖不均一性評価
   国立研究開発法人産業技術総合研究所 創薬基盤研究部門 上級主任研究員 亀山昭彦

 全自動2次元電気泳動による抗体医薬の分離評価
   講演依頼中

 固相抽出+等電点電気泳動一体型デバイスのバイオ医薬分析における可能性
   福島県立医科大学 医学部 教授 志村清仁

 バイオ医薬品のための糖鎖解析技術
   近畿大学 薬学部 教授 鈴木茂生

 レクチンマイクロアレイを用いたバイオ・細胞医薬品評価技術の開発
   国立研究開発法人産業技術総合研究所 創薬基盤研究部門 GL 舘野浩章

 質量分析によるバイオ医薬品の品質特性解析
   国立食品医薬品衛生研究所 生物薬品部 第一室 室長 橋井則貴



日本電気泳動学会のホームページに戻る