学会ロゴ 第62回日本電気泳動学会総会

  会 期: 平成23年11月12日(土)〜13日(日)
  会 場:  横浜市開港記念会館
  総会長:  伊東 文生(聖マリアンナ医科大学教授)
  総会参加費: 会員 5,000 円、非会員 6,000 円
        (大学院生 2,000 円、学部生 無料)
 懇親会参加費: 会員・非会員 3,000 円(学生 1,000 円)    
総会日程 PDF 一般演題で発表をされる方へのお知らせ(PDF)


 日程
第1日目【11月12日(土)】
9:30 〜10:15 評議員会
10:15〜10:20 開会の挨拶(第62回総会会長 伊東 文生)
10:20〜10:40 一般演題 I
       座長 蔵満保宏(山口大学大学院) 10:20〜10:40

        1. 大腸癌細胞のエピゲノム解析による癌関連miRNA遺伝子の同定
        ◯鈴木 拓1,2)、山本英一郎1,2)、丸山玲緒1)、篠村恭久2) 、今井浩三3)、豊田 実1)
             1)札幌医科大学分子生物学、2)同内科学第一講座、
             3)東大医科研先端医療研究センター

        2. 肺癌患者のプラチナ製剤感受性を予測するマーカーとしてのHADHA
        ◎影山泰平1,2、長塩亮1,2、龍華慎一郎3、松本俊英1,5、伊豫田明4、佐藤之俊4、
         益田典幸3、蒋世旭5、三枝信5、佐藤雄一1,2 (1北里大学大学院 医療系研究科
           応用腫瘍病理学、2北里大学 医療衛生学部 臨床検査学、3北里大学 医学部
           呼吸器内科、4北里大学 医学部 呼吸器外科、5北里大学 医学部 病理)

10:40〜12:00 シンポジウム I「消化器癌とエピジェネティック〜最近の進歩」
         司会 日野田 裕治(山口大学大学院)・前川 真人(浜松医科大学)

        S1-1. マイクロアレイを用いた、消化管がんの網羅的メチル化解析
          渡邊 嘉行(聖マリアンナ医科大学)

        S1-2. ヒト肝細胞キメラマウスを用いた肝細胞癌におけるDNAメチル化異常の解析
          岡本 泰幸(名古屋市立大学大学院医学研究科)

        S1-3. DNAメチル化と正常大腸
          前田 修(名古屋大学大学院医学系研究科)

        S1-4. 大腸腫瘍におけるジェネティック・エピジェネティックな異常と臨床応用
          山本 英一郎(札幌医科大学)

12:00〜13:00 昼食・ランチョンセミナー
         「日本人の酸関連疾患を再考する」
          稲森 正彦(横浜市立大学)

13:00〜13:40 総会(記念写真撮影)

13:40〜14:20 日本電気泳動学会児玉賞授賞式・受賞講演
         「Phos-tag親和電気泳動法の開発」
          木下 英司(広島大学)

        国際奨励賞授与式
          安井 寛(札幌医科大学)

14:20〜15:00 一般演題 II
       座長 本庄利男(麻布大学) 14:20〜14:40

        3. 野鳥における鳥インフルエンザウィルスのモニタリング
            ‐朱鷺放鳥から野生復帰に向けて‐
          ◯小柳 充
             新潟大学 農学部 遺伝子実験施設

        4. 劇症型A群およびG群レンサ球菌由来代謝物質のSDS-PAGE分析
          ◎浅野 眞、菅野武史、坂口和子、鈴木 潤
             麻布大学、生命・環境科学部、食品生化学

       座長 藤田清貴(千葉科学大学) 14:40〜15:00

        5. 二次元電気泳動法を用いた健常人尿中エキソソームタンパク質の解析
          ◎中山亜紀1 平賀香奈子1 香坂亜沙美2 片山映3 鈴木秀典3 芝紀代子1,2
             1. 文京学院大学保健医療技術学部 2. 文京学院大学大学院保健医療科学研究科
             3. 日本医科大学大学院医学研究科

        6. 形質細胞異常症における血清遊離軽鎖定量法の臨床的有用性の検討
          ◎安井 寛1,2、池田 博1、青木由佳1、丸山玲緒3、野島正寛4、鈴木 拓3、
           林 敏昭1、石田禎夫1、今井浩三5、篠村恭久1
              1.札幌医科大学内科学第一講座、2.札幌医科大学道民医療推進学講座、
              3.札幌医科大学分子生物学講座、4.札幌医科大学公衆衛生学講座
              5.東京大学医科学研究所先端医療研究センター

15:00〜16:00 特別講演  司会 今井 浩三(東京大学医科学研究所付属病院)
         「膜型メタロプロテアーゼとがん」
          清木 元治(東京大学医科学研究所)

16:00〜17:00 教育講演1  司会 森山 隆則(北海道大学大学院)
         「血管炎の診断と治療‐ANCA関連血管炎を中心に」
          尾崎 承一(聖マリアンナ医科大学)

17:00〜18:10 一般演題 III
       座長 大石正道(北里大学) 17:00〜17:30

        7. 二次元電気泳動分離スポットの質量分析による酸化メチオニンレベルの定量
          ◯戸田年総1、岩本真知子1、森澤 拓1、中家修一2、尾島典行2
              1東京都健康長寿医療センター研究所、2島津製作所・分析計測事業部

        8. 全自動二次元電気泳動装置を使用した14-3-3タンパク質アイソフォームの解析
          ◯岩本真知子1)、木下英樹2)、丸尾祐二2)、鵜沼豊2)、戸田年総1)
             1) 東京都健康長寿医療センター研究所・老化機構研究チーム、
              2)シャープ株式会社 健康システム研究所

        9. 糖と親和性を持つホウ素化合物MPBAを用いたSDS-PAGE法および二次元電気泳動法
          ◎相京祐一・中里賢一・大石正道
             北里大・理・物理・生体分子動力学

       座長 志村清仁(福島県立医科大学) 17:30〜17:50

        10. AMeX固定材料を用いた二次元電気泳動法
          ◎長塩 亮1,2、鉢村和男1、松本俊英1,2,3、影山泰平1,2、南 尚1,2、
           小林信1,2、柳田憲吾1,2、村上友利恵1,2、佐藤雄一1,2
              1北里大学医療衛生学部臨床検査学、2北里大学大学院医療系研究科応用
             腫瘍病理学、3北里大学医学部病理学

        11. プロテオーム研究用情報管理システムの機能拡張
            ‐データ連携のためのツールの開発‐
          ◯森澤拓1)、廣田三佳子1)2)、岩本真知子1)、戸田年総1)
            1)東京都健康長寿医療センター研究所、老化機構研究チーム、
            2)帝京平成大学薬学部

       座長 松本伸行(聖マリアンナ医科大学)17:50〜18:10

        12. 血管型NADPHオキシダーゼの標的タンパク質の解析
          ◎野村文子(1,2)、荒川憲昭(2)、山中結子(1)、勝山真人(3)、平野久(1,2)
           1)横浜市大・先端医科学研究センター 2)横浜市大院・生命ナノシステム・
           生体超分子システム
           3)京都府医大院・医・中央研究室・RIセンター・RI部門

        13. 蛍光二次元電気泳動法による肝細胞癌の早期再発マーカーの開発と発癌に関連する
        タンパク質の同定
          ◎木村一哉1,3、窪田大介1、杉原豊1、米森啓貴1、芳賀絢子1、尾島英知2、近藤格1
            1.国立がん研究センター研究所創薬プロテオーム研究分野、
            2.国立がん研究センター中央病院病理科、
            3.東京バイオテクノロジー専門学校

18:30〜20:00 会員懇親会(JALシティ横浜関内Silk



第2日目【11月13日(日)】
9:00 〜11:00 一般演題 IV
       座長 飯島史朗(慶應義塾大学)9:00 〜9:20

        14. カイコ(Bombyx mori)に見いだされたビオチニル化タンパク質の変動
          ◯梶原英之、中村匡利
              農業生物資源研究所

        15. アフェイニティートラップ電気泳動法の開発: リン酸化蛋白質の特異的精製法としての応用
          ◎ 粟田 ちひろ1), 木下 英司2), 小池 透2), 高尾 敏文1)
              1)大阪大学 蛋白質研究所、2)広島大学 大学院医歯薬学総合研究科

       座長 梶原英之(農業生物資源研究所)9:20 〜9:50

        16. 細胞中イオンの電気泳動分析のための内壁コートキャピラリー
          ◯長井 俊彦1, 志村 清仁1, 小林 大輔2, 挾間 章博2
             福島県立医科大学医学部 1自然科学講座(化学),2 細胞統合生理学講座

        17. レクチンブロット法によるIgG型M蛋白の糖鎖修飾解析
          ◎大塚浩平1、高橋明日香2、中野恵一3、田村彰吾1、新関紀康1,4、重村雅彦3、
           清水力3、松野一彦3、森山隆則5
             1)北海道大学大学院保健科学院、2)北海道大学医学部保健学科、
             3)北海道大学病院検査・輸血部、4)旭川医科大学病院臨床検査・輸血部、
             5)北海道大学大学院保健科学研究院

        18. Mタンパク糖鎖のレクチンブロット及び質量分析を用いた構造解析
          ◎小池佐智子、川村真理恵、小高香澄、松下麻衣子、飯島史朗、服部豊
             慶應義塾大学・薬学部

       座長 金森きよ子(文京学院大学)9:50 〜10:20

        19. 非アルコール性脂肪肝疾患におけるHDL分画の特徴
          ◎津崎こころ1)、小谷和彦1,2)、山田俊幸2)
              1)(独)国立病院機構京都医療センター臨床研究センター予防医学研究室
              2)自治医科大学医学部臨床検査医学

        20. 血小板からの脳由来神経栄養因子(BDNF)の放出及び、貯蔵動態の解析
          ◎常松哲也1)、田村彰吾1)、長澤あゆみ1)、松野一彦2)、小林清一3)、森山隆則3)
              1)北海道大学院保健科学院, 2)北大病院検査・輸血部, 3)北大大学院保健科学研究院

        21. 小児の血清中自己抗体を用いたピロリ菌抗原蛋白のプロテオーム研究
           赤田純子1)、奥田真珠美2)、平本成美1)、則常浩太1)、張秀蓮1)、
            福田能啓2)、杉山敏郎3)、中澤晶子1)、藏満保宏1)、◯中村和行1)
             1.山口大学大学院医学系研究科、2.兵庫医科大学地域総合医療学、
             3.富山大学大学院医学薬学研究部

       座長 近藤格(国立がん研究センター)10:20 〜11:00

        22. AFP産生原発不明癌の1症例
          ◯石川仁子1)、高山達也2)、大園誠一郎2)、前川真人1,3)
              1) 浜松医科大学医学部附属病院検査部、2) 同泌尿器科学、3) 同臨床検査医学

        23. 胃発がん過程におけるAPC遺伝子メチル化の意義
          ◯細谷 浩介, 渡邊 嘉行, 伊東 文生 
             聖マリアンナ医科大学消化器・肝臓内科

        24. 悪性腫瘍におけるヒストンメチル基転移酵素EZH2によるKLF2の発現抑制とその臨床応用
          ◎谷口博昭1)、山本博幸2)、今井浩三3)
             1.東京大学医科学研究所, 2.札幌医科大学第一内科, 3.東京大学医科学研究所

        25. 肝細胞癌に対する温熱処理による上皮間葉移行の誘導
          〇松本伸行、小澤俊一郎、伊東文生
             聖マリアンナ医科大学 消化器・肝臓内科

11:00〜12:00 教育講演2  司会 戸田 年総(東京都健康長寿医療センター)
         「電気泳動法のトリロジー」
          中村 和行(山口大学大学院)

12:00〜13:00 昼食

13:00〜14:20 シンポジウム II「電気泳動を基礎にした臨床プロテオミクス最近の話題」
         司会 加藤 智啓(聖マリアンナ医科大学)・平野 久(横浜市立大学大学院)
        S2-1. 消化器領域におけるプロテオミクスの応用
          初谷 守朗(聖マリアンナ医科大学)

        S2-2. 蛍光二次元電気泳動法を用いた骨軟部腫瘍の個別化医療のためのバイオマーカー開発
          窪田 大介(国立がん研究センター研究所)

        S3-3. プロテオミクスを基礎にした神経細胞が非対称性を獲得する機構の解析
          稲垣 直之(奈良先端大学院大学)


        S3-4. 卵巣明細胞腺がん創薬標的分子・診断マーカーの探索
          荒川 憲昭(横浜市立大学大学院)

14:20〜15:20 市民公開講座  司会 櫻林 郁之介(自治医科大学)
        「難病の治療に向けた病態解析:電気泳動にはどんな役割があるのか」
          安東 由喜雄(熊本大学大学院)

15:20〜17:00 一般演題 V
       座長 吉岡尚文(秋田大学)15:20〜15:40

        26. 改良型Phos-tag Biotinの開発とその応用
          ◯木下英司,木下恵美子,小池 透
             広島大学 大学院医歯薬学総合研究科 医薬分子機能科学研究室

        27. クイックジェルIFEキットを用いる免疫固定法の問題点とその解決法
          ◯堀井康司1)、大竹和子1)、清水長子1)、菊池春人2)、涌井 昌俊2)、
          村田満2)
             1)慶應義塾大学病院 中央臨床検査部、2)慶應義塾大学 医学部 臨床検査医学

       座長 島崎洋次(愛媛大大学院)15:40〜16:10

        28. 分子マトリクス電気泳動(SMME)により分離したムチンの同定法の開発
          ◎松野裕樹1),董 偉傑1),横山勢也2),米澤 傑2),成松 久1),亀山昭彦1)
              1)産総研・糖鎖医工学研究センター, 2)鹿児島大学大学院・医歯学総合研究科

        29. 抗体固定化膜による標的酵素の回収とその活性解析
          ◎木村彩花、島崎洋次
              愛媛大大学院、理工

        30. 検出が困難な難溶性タンパク質の断片化とAPCEによる分離検出
          ◯志村清仁1,高橋克佳2,鵜沼 豊2,青笹正義3,松田治男3,
           榎本 学4,秋葉 望4,笠井献一4
             1 福島県立医科大学医学部, 2 シャープ株式会社研究開発本部,
             3 広島大学大学院生物圏科学研究科,4 帝京大学薬学部

       座長 鈴木 拓(札幌医科大学)16:10〜17:00

        31. 大型蛍光二次元電気泳動法による大腸がんの発生に関わる分子の同定とその機能解析
          ◎杉原 豊1,2、谷口 浩和3、窪田 大介1、米森 啓貴1、木村 一哉1、
           津田 均3、藤田 伸4、近藤 格1
             1.国立がん研究センター研究所 創薬プロテオーム研究分野、
             2.早稲田大学大学院 先進理工学研究科、3.国立がん研究センター中央病院
              臨床病理検査科、4.国立がん研究センター中央病院 大腸外科

        32. 肺腺癌における同一患者組織・血清を用いた早期血清診断マーカーの探索
          ◎小林 信1,2、松本俊英1,4、柳田憲吾1,2、村上友利恵1,2、南 尚1,2、
           長塩 亮1,2、龍華慎一郎3、
           蒋 世旭4、三枝 信4、鉢村和男1,2、佐藤雄一1,2
             1.北里大学大学院医療系研究科応用腫瘍病理学、
              2.北里大学医療衛生学部臨床検査学、
               3.北里大学医学部呼吸器内科、4北里大学医学部病理学

        33. Micropapillary肺腺癌の血清診断へ向けた自己抗体の網羅的探索
          ◎村上友利恵1、松本俊英1,4、南 尚1、小林 信1、柳田憲吾1、
           鉢村和男1、長塩 亮1、
           龍華慎一郎2、中島裕康3、蒋 世旭4、三枝 信4、佐藤雄一1
             1)北里大学大学院医療系研究科応用腫瘍病理学 2)北里大学医学部呼吸器内科
              3)北里大学医学部呼吸器外科 4)北里大学医学部病理学

        34. 蛍光標識二次元電気泳動を用いたヒストン脱アセチル化酵素阻害剤の併用療法の新規標的同定
          藤井一恭1、鈴木規弘1、池田佳寿子1、濱田利久1、近藤格2、岩月啓氏1
             1. 岡山大学病院皮膚科、2.国立がん研究センター研究所創薬プロテオーム研究分野

        35. 樹立抗体を用いた肺癌の血清診断マーカーの獲得
          ◎柳田憲吾1,2)、長塩 亮1,2)、鉢村和男1,2)、松本俊英1,2,3)、影山泰平1,2)、南 尚1,2)、
          小林 信1,2)、村上友利恵1,2)、龍華慎一郎4)、蒋 世旭3)、三枝 信3)、佐藤雄一1,2)
              1.北里大学 医療衛生学部 臨床検査学 2.北里大学大学院 医療系研究科
             応用腫瘍病理学
             3.北里大学 医学部 病理学  4.北里大学 医学部 呼吸器内科

17:00〜17:20 展示企業発表
        Ex-1. 関東化学(株)
        Ex-2. シャープ(株)

17:20〜17:25 日本電気泳動学会奨励賞授与式

17:25〜17:30 次期総会会長挨拶  近藤 格(国立がん研究センター研究所)

17:30〜17:35 閉会挨拶(日本電気泳動学会会長 戸田 年総)