第53回日本電気泳動学会シンポジウム開催案内
(第2報)
第53回日本電気泳動学会シンポジウムの開催を下記の予定で開催いたします。多数の方々のご参加とご発表をお待ちしております。
第53回日本電気泳動学会シンポジウム 世話人代表  谷口 直之
大阪大学大学院医学研究科生化学


第53回日本電気泳動学会シンポジウム
−ポストゲノム研究のPERSPECTIVE:Functional Glycomics−


日 時平成15年7月11日(金)10:00 - 16:00
会 場千里ライフサイエンスビル サイエンスホール
(〒560-0082 大阪府豊中市新千里東町1-4-2
  千里ライフサイエンスセンタービル5階)
参加費一般: 1000 円、後援学会会員:500円、日本電気泳動学会会員:無料


プログラム(予定)
 開会の辞
西 信三
(日本電気泳動学会会長 北海道大学大学院医学研究科)
 「Functional Glycomics の重要性」 谷口 直之
(大阪大学大学院医学系研究科 生化学・分子生物学講座)
 「MALDI-QIT-TOF質量分析法による糖ペプチドの構造解析」 鈴木 實
(理化学研究所フロンティアシステム生体超分子システム)
 「機能グライコミクスを強力支援する構造グライコミクス
の発進」
平林 淳 
(産業技術総合研究所糖鎖工学センター糖鎖構造解析チーム)
 「脳特異的糖鎖とその生合成に関わる“脳型”ガラクトース
転移酵素」
中北 愼一
(大阪大学大学院理学研究科 化学専攻有機生物化学講座)
 「LC/MSを用いた糖鎖のプロファイリングと構造解析」 川崎 ナナ・早川 尭夫
(国立医薬品食品衛生研究所)
 「Drosophilaグライコーム:ショウジョウバエを用いた糖鎖
機能解析へのアプローチ」
西原 祥子
(創価大学 工学部生命情報工学科)
 「モデル生物・線虫C. elegansを用いた糖鎖機能の網羅的解析
のすすめ」
野村 一也
(九州大学大学院理学研究院 生物科学部門/科技団SORST)


        
主 催日本電気泳動学会
後 援日本生化学会、日本糖質学会
世話人代表谷口 直之
(大阪大学大学院医学系研究科 生体制御医学専攻 生化学・分子生物学)
問い合わせ先 〒565-0871大阪府吹田市山田丘2-2、B1
電話 06-6879-3421、FAX06-6879-3429
denki@biochem.med.osaka-u.ac.jp
(第53回日本電気泳動学会シンポジウム 準備委員会事務局 高橋素子)